PLANETEに戻る

Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日はショッキングなテーマで


今日はショッキングなテーマで 投稿者: bruxelles 2004/07/21 17:39:06

皆様のご感想をお聞かせください。
(1)知ってる人がどれくらい、知らない人がどれくらいかわかりませんが。バルバラ実は、ありていに言って父親に強姦されたという、噂がかなり出回っています。一部では、あたかもそれを事実とした上で、バルバラの歌詞の分析を専門的にしている人もいます。Bruxellesはそこは慎重にしたいと考えています。これに関して皆様は、どの辺までを、お聞きですか?
(2)Barbara Triviaにします。前から読んでいたのですが、認めたくなかったので、無視していました。自動忘却装置で書いてない書いてない、と思い込んできましたが、本人が書いてる事実なので、少し彼女の自伝から引用します。深刻に考えることもないですが。
Un soir je descends dans la rue pour me prostituer. Ce n'est pas le malheur,le grand malheuur,mais c'est un grand chagrin(・・)Enfin bref, me voila sur le boulevard Anspach.
Barbara"Il etait un piano noir"1998 p77-p78より
(ある夕方、私は自分を売るために、町に出た。不幸、不運、というより、深い悲しみだった。(・・)つまりは、そう、私はAnspach通りに立った)
生活苦からニッチもサッチもいかなくなって、こういう行動に及んだ。素人がすぐに売れるわけもなく、決心が簡単に行動につながるわけもなく、最後までの事実はない。当然。しかしそのつもりで、道に立ったことは事実。人生に大きな足跡を残した事実だと思います。これ以上のことは大野先生にお願いしている「Il etait un piano noir」の邦訳版でお読みください。
どんな感想をお持ちになったのか、お教えください。
・・・・・・・・・・・・・・・・
いきなり感想を言ってと言われても、そういうのに慣れてないですか?それなら知ってた、とか吃驚したとか、曲の感じが変わってくるとか、・・。???

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

«  | HOME |  »

2017-06

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

Bruxelles

Bruxelles

FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。