PLANETEに戻る

Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Marie-paule belleのコンサート

投稿者: なまはげ 2004/07/17 22:32:38

8ヶ月間はあっという間に過ぎました。12時57分まもなくマリ・ポール・ベルが秋田駅に着く。レクリューズの会員10名位でのお迎え。改札を真っ赤な薔薇の花を抱えて出てきた彼女の笑顔を見て待ちに待った瞬間の記憶はここからストップ。引率の加藤さん(日仏シャンソン協会代表)マネージャのミッシェルさん照明のウィリアムさんの3名同伴。皆興奮状態のまま宿泊先のホテルへ。チェックイン・昼食を済ませ予定より30分早く会場のアトリオン音楽ホールへ。
照明・音響等の専門職以外はレクリューズの会員がスタッフという手作りコンサート。(チケット・ポスター・プログラム等も)会場の準備も終了。リハーサル(大野修平さんのひとりごと7月13日にリハの事書いてます)は前日の東京で時間が結構かかったという事で30分早めたが上手くいくか心配でしたが時間内に終了。最終ミーティングを軽い食事を取りながら済ませ各自の持場へ。
自由席ということで開場1時間前からお客さんが来ていて予定より30分早く開場。いよいよ開演。第1部(オリジナル)注目の1曲目は当初の予定を変更し1973年Accディスク大賞の中に入っている「ヴォルフガングと私」(今回のプログラムにはありませんでした)でした。レクリューズの会でもマリ・ポール・ベルのオリジナルはかなり事前学習はしたつもりですがなかなか憶えきれずにいた。ほとんどのお客さんはもっとわからずに聴かれたと思います。ですから第2部に入る前に多くの方が帰られるのではと心配しましたが大丈夫でした。ピアノだけでお客さんを飽きさせずスローな曲アップテンポの曲をおりまぜ楽しい1部でした。最後はパリジェンヌで1部が終了。マリ・ポール・ベルのピアノのテクニック素晴らしかったです。それと単純な照明のようでしたが天井の高いこのアトリオンのホールの会場ではフランス仕込みのテクニックが必要みたいでした。自分としては「カフェ・ルノアール」を聴きたかったのですが。休憩中はCD販売の手伝い。輸入盤「マリ・ポール・ベル シャンテバルバラ」のみでしたが最終的に90枚用意したうち80枚が売れました。
第2部のバルバラを歌うはトワで始った。オリジナルよりは知っている曲が多い分声援や拍手が多かった。ドルオー・ナント・リヨン駅・小さなカンタータ・ゲッティンゲンの曲で。会場全体で一緒に歌った「いつ帰ってくるの」で盛り上がりました。スタンディングオーベーション・ブラヴォー・拍手の嵐ここでレクリューズの会から花束(幹事の一人のお嬢さん)。「お菓子屋の娘」の後30人位から薔薇の花一輪づつマリ・ポール・ベルへ。アンコールに応えて最後に歌ったのがバルバラへのオマージュ曲「もうひとつの光(UNA AUTRE LUMIERE)」
偉大な歌手、バラバラの死はあまりにも早すぎた。世を去る少し前に会ったことがあるけれどもっと友達になりたかった。バルバラよ、蘇りなさい。あなたの声は夏の太陽のようにいつまでも輝いているわ。(大意訳・長南博文氏)
あっという間2時間かからず中身の濃いコンサートは終了しました。
終了後10分してマリ・ポール・ベルはロビーへ、CD購入の方へサインをしに来たのです。疲れも見せずににこやかに一人一人にサインを20分位。会場の最後の片付けを終了させ打上げ会場のホテルへ移動。
打上げは9時30分から30人位で行なわれた。途中からマリ・ポール・ベル、ミシェル、ウィリアムの3人が参加改めての乾杯。しかしこの3人ビールがよほど好きらしい。昼食時にもジョッキで飲んでいた。(日本のワインはまずいからかな?)それと箸の使い方が3人とも上手だった。マリー・ポール・ベルは1時間位で部屋に戻ったがミッシェルとウィリアムは最後までいた。日にちが変わったところで打上げも終了。

1時から竿灯祭りの竿灯を展示しているねぶり流し館で竿灯を見学その後昼食に稲庭うどん&きりたんぽを。それから秋田空港へ(自分はここから参加)5時の飛行機で名古屋へ。無事見送る事が出来てひと安心。

マリ・ポール・ベルはとても神経質だと聞いていたので色々と心配していましたが気さくで何のトラブルもなく無事公演が終り気が抜けた状態です。bruxellesさんミレミルさんレポート遅くないましたがこんなとこでよろしいでしょうか?質問等ありましたらカキコして下さい。

「あなたのお力になる」と言ったバルバラその通りですね。日本に連れて来たのはある意味バルバラなのだから。bruxellesさん納得です。ラジオ出演は無しです。

マリ・ポール・ベルのサインから2枚のLPに。
1枚にはずっと以前からファンでありがとう。もう1枚には「 A bientot 」と。



--------------------------------------------------------------------------------

投稿者: bruxelles 2004/07/18 16:41:54

なまはげ様、レクリューズの会の皆様、お疲れ様でした。そして有難うございます。
待ちに待ったリポート手に取るように状況が見えて楽しかったです。大変なことを成し遂げられました。お疲れのところリポートお願いしてすみませんでした。
マリー・ポール、バルバラファン以外にはおそらく無名でしょうし、リスク大きかったと思います。マリー・ポール、バルバラのこと何か語りましたか?楽しい思い出を持って帰ってくれてよかったです。
なまはげ様お疲れのところ、レポートほんとに有難うございました。
・・・・・・・・・・・・・・
une autre lumiereの大意訳、偉大な歌手バルバラと、バルバラよ蘇りなさい、は歌詞にないです。あなたの声は、の一行だけが歌詞にありますが、一行だけでは大意にならない。それにマリー・ポールが、バルバラよ蘇りなさい、とは歌わないと思います。ここは
Rappelle toi Barbara
Nous a dit Prevert
例のプレヴェールの「バルバラ」の引用で、思い出しておくれ、バルバラとプレヴェールは私たちに言った、くらいの意味。


コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

«  | HOME |  »

2017-10

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

Bruxelles

Bruxelles

FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。