PLANETEに戻る

Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

no title


no title 投稿者: bruxelles 2004/05/19 18:47:31

1980年ウラジミール・ヴィソツキィーが42歳で死んだ。といっても日本でほとんど知られていないロシア人歌手だ。反体制を歌うゆえ、大きい劇場にもラジオにも出演できず、生前はLPも出無かった。その人の歌を見出し、レコードから採譜し、訳詩を詩人に依頼し、歌い始めた人がいる。

譜面があるからとか、教えていただいたからとかの理由で、選曲をし、プログラムを組むなら、いくらコンサートをし、いくらCDを出しても、その歌手はカルチャーセンターの生徒と本質的に同じ次元だ。
プロの(シャンソン)歌手は、自分がどうしても歌いたい歌を発掘し、採譜するなどして、歌えるように工夫を凝らし持ち歌を増やすべきだ。歌に惚れる創唱者に惚れる、それが選曲の唯一の出発点であるべきだ。

ここにもう一人の歌手がいた。その人は先の人の持ち歌を歌いたいと申し出た。そして歌い、先の人を脱帽させた。曲のハートを見事に捕らえていたからだ。先の人は、この人に、苦労の結晶である譜面を全部進呈した。何よりもこれらの歌を愛していたからだ。
これこそプロとプロの出会いではないだろうか。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

«  | HOME |  »

2017-08

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

Bruxelles

Bruxelles

FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。