PLANETEに戻る

Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

discogrphy(3)

discogrphy(3) 投稿者: bruxelles 2004/04/25 18:56:24

さきほどのLPの解説の続きなのだが76年自宅が燃えて、このときの体験から後に「不眠症」と題する「消防士にささげる歌」が生まれた、とある。ありえそうな話で、そういう記述のある雑誌もあるのだけれど、これは違う。70年代2度,瀕死のところを救急車で運ばれているのだが1度目は74年(睡眠薬のオーバードウズ)2度目は77年(自宅の火災)。insomniesの作曲は75年。従って火事の体験からできた曲ではない。74年自殺だと書き立てられたバルバラが、不眠症による睡眠薬の飲みすぎだと、弁明した歌なのだ。
Si s'endormir c'est mourir ah laissez moi mes insomnies J'aime mieux vivre en enfer que de mourir en paradis
眠りに入るのが死ぬことなら、不眠症のままでいい。天国で死ぬよりむしろ地獄で生きるほうがいい
ーー三島由紀夫の後追いと書き立てられた村松英子さんの心境もかくありや。止まっているトラックに猛スピードで激突した私なども。もし死んでいれば、自殺と処理されたに違いない。

biographyにしろdiscographyにしろ情報が錯綜する。細部を見れば見るほど行き詰る。限定発売もあれば、未発表、廃盤もあれば,同じアルバムが何度もプレスされる場合もある。写真だけが異なる同一盤もある。discographyに関しては,現地(フランス)発売の33回転及びCDに限定しようと思っている。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

«  | HOME |  »

2017-08

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

Bruxelles

Bruxelles

FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。