PLANETEに戻る

Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1週間前に電話が・・・

情報・読み物 L'Humanite by GUY SILVA 2004/12/27
1週間前に電話が・・・

晴天の霹靂だった。たった1週間前に電話で話したばかりだった。幸せそのものの様子だった。会話はとても長く続いた。彼女はかつてなく笑い通しだった。何かから自由になったんだなって、感じた。
「あのね、私白内障の手術をしたの。今までは10分の2の視力だったのが、今は10分の9よ。もう少ししたら、もう一方の目もするのよ。簡単な手術よ。1日で終わるの。会いましょうよ。パイ菓子を作ってよね(僕の元の菓子職人という仕事を覚えていた)公現祭のガレット・デ・ロワでもいいわ。私の最新のCD「Femme-piano」をお送りするわ。率直な感想を聞かせてね」
回想録に着手したと打ち明けてくれた。どんな風なと、さらに突っ込んで知りたかった。
「今まで何をしてきたか。どんな人を愛してきたか。ところで私たちは何年に知り合った?1962年だと思うのだけれど。プラス・ド・ラ・レユニオンで一緒に買い物したこと覚えてる?」(当時彼女はParisの20区のVitruve通りに住んでいた)。Barbaraは僕に頼みごとをした。本のために記述を正確にしたいと思っていた。
「ベルギーのMarcinelleであった鉱山の事故に関して調べてほしいの。生き残った人はいたのかしら?もうひとつは『la Tete de l'art』で私Raymond Devosと一緒に出演していたかどうか、Raymondに聞いてみてくれない?」いいですよ。Raymond DevosとCathrine Sauvage に会うことになっているので聞いてみますよ。そしてCora Vaucaire(なんという才能)わかった。Coraに必ず電話しますよ。
バルバラは人々が思っているバルバラとは違っていた。人々が彼女に押し着せていた性格とは異なっていた。ミステリアスとか、マントを着た修道女とか・・違う。
彼女が歌うものと、実人生で体験してきたものとは密接な関係を持っている。彼女が大衆の人気を得ることになる例の自作で固めた初のレコード制作現場に僕は幸運にも立ち会うことができた。そのLPで多くのファンを獲得したことによって「La plus belle histoire d'amour(avec son public)」が生まれた。僕はよくRemusatにも行った。Remusatは彼女の住んでいた家の通りの名前だ。そんな時そこでGeorges Moustakiと名乗るまだひげの生えていない作者と出会った。Barbaraは1曲1曲自作の曲を聞かせてくれた。予想もしないほどの衝撃だった。
彼女と一緒にL'Etoile劇場に行ったのも覚えている。Yves Montandがそこで大成功していた。Barbaraはイブ・モンタンに数曲歌ってほしいと提案していた。明らかにそれらの曲は彼にふさわしいものではなかった。結果として断られてよかった。彼女にしか歌えない曲なのだから。
彼女ははじめは他人のしかも男性の歌ばかり歌っていた。自分でも何故かわからないだろうけれど。彼女はそこでそれに気づいて方向性を変えた。
よく知られるように、L'Ecluseは7年間、彼女の母港だった。そろそろそこからの船出を夢見ていた。大舞台が彼女の心を捉えていた。僕と一緒に彼女の大好きなJohnny Hallydayを見にL'Olympiaに行った。突然耳に口を近づけてこう言った。「私、実はここで歌いたいのよ!」僕は少し唖然とした。けれど当然Bruno Coquatrixは彼女と契約を交わした。今までずっとピアノの前で歌っていた彼女が、オランピアでは何度か立ってピアノを離れて歌った。こういう場面を誰が想像出来たか?僕はステイジ上で動くバルバラにあの場面この場面と、拍手をおくった。それからPantinに出演。そしてGerard Depardieuと一緒に出たLily PassionではZenithに出演。それにMagador,Chatelet。L'Humaniteのお祭りでは彼女は自分の喜びそして僕達を喜ばせるために出演した。Barbaraは友情に厚い人だった。友達の数は限定されていたけれど。彼女は予測できない人で、思いもしない時に連絡してきた。最近ではこんなことを言ってきた。両親が失業中の子供達にクリスマスツリーを贈りたいと。控えめな態度で。そういう贈り物をする時は決して声高に目立とうとはしない。彼女は自分の感情や思いを隠すことはできない。贈り物をしたいからする。それだけだ。
「私は行動方針にそって生きる女よ」と僕に言った。「私は、誰でもそうだと思うけど、間違いも犯したかも知れない。けれど、自分を省みて、人生を総括するとして、自分を恥じることはないと思うの」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
GUY SILVAに関して今のところ、昔の友人という以上のことは不明。L'Humaniteに関しても明確な日付けは不明。


コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://musiccrosstalk.blog7.fc2.com/tb.php/46-5d026d78

«  | HOME |  »

2017-06

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

Bruxelles

Bruxelles

FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。