PLANETEに戻る

Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Dalida 丸裸 (2)


上の写真はMontmartreのDalidaの家、1962年から
亡くなるまで(自殺)ここに住んでいた。↑


Dalidaの曲で好きなものを挙げると4,50曲を下らない。どうしても外せないものでも軽く2,30曲を超える。そこを清水の舞台から飛び降りて3曲に絞ると私の場合は以下の曲となる。

DALIDA. Il pleut sur Bruxelles
DALIDA Mein lieber Herr
Dalida - Voila pourquoi je chante

JA2 20H : EMISSION DU 04 MAI 1987
亡くなった翌日のTVの特別番組 NEWSの後

Dalida En Memoire 3 Videos

最初の結婚はLucien Morisse
スターに育ててくれた恩人でもあり愛し合って結婚したのだが
結果的にはDalidaがLucien Morisse を捨て
当時画家であったJean Sobieskiに走った。
Jean SobieskiとDaliadaのことは写真を出して以前に書いたことがある。
確かに美男子でDalidaを満たす術も知っていてそして
そのための自由な時間も持っていた。
1961年から1963年まで生活を分かち合った。
Dalidaと関わった男性で珍しく自殺しなかった男として記憶されている。
Jean Sobieski  et  Daliada ↓



Moi La Chanteuseの過去記事でも
Correspondancesの最近の記事でも

Mike Brant(25/04/1975 自殺)を書きながら、Dalidaとのことを
忘れていた。二人は短い関係であったが(1969年)
恋人同士であった。シルビー・バルタンにテヘランで発見され
フランスにやってきたイスラエル人のMike Brant、は
フランスシャンソン界でまずDalidaの愛を得たのだった。
お互いフランス語を母国語としない異邦人である。
そう言えばJean Sobieskiもポーランド人であった。



サンレモで自殺したLuigi TencoとDalidaは結婚を約束していた。
Luigi Tenco et Dalida : le drame de San Remo
才能もスリルもあり女性を痺れさせる要素を充分に備えた
なるほど魅力的な男性である。何故自らの頭をピストルの弾で
打ち砕いたのだろう(26/01/1967 自殺)?
1か月後の同年2月26日、Dalidaが
後追い自殺
試みた気持ちは手に取るように理解できる。
死に損なった絶望のDalidaを見舞い励ましてくれたのは
最初の夫Lucien Morisseだった。二人は
1956年から1961年まで5年間婚姻関係にあった。
死の淵に横たわるDalidaに再び生きる気力を
与えたLucien Morisseも3年後(11/09/1970)に
自ら命を絶った。
なおこのLucien MorisseはDalidaをスターにした
だけでなく、じつはBarbaraのキャリアにとっても
かけがえのない存在であった。そしてこの際言ってしまうと
Barbaraの人生を彩った男性でもある。

今朝目を覚まして、昔(8年前)記事にしたDalidaのある言葉を
思い出した。さすが恋愛の名人である。
なかなか凡人には気づかない言語上の発見でもある。
参照:Music Cross Talk 過去記事


(つづく)

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://musiccrosstalk.blog7.fc2.com/tb.php/254-c41f59b7

«  | HOME |  »

2017-04

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

Bruxelles

Bruxelles

FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。