PLANETEに戻る

Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Luc Simon est mort

 
上の絵はLuc SimonがBarbaraのために描いた「眠れBarbara安らかに」

Luc Simonに関しては画家なので
日本のシャンソン界ではほとんど知られていない。
Barbaraに関する書物を目を皿のようにして読んでいる人のみが、心に留めている存在であるだろう。その死(2011年11月8日)も日本では全くフランスでもほとんど報道されていない。彼はPicassoを捨てた唯一の女、Francoise Gilotを受け止めて結婚、子供もできている、そういった意味では美術界では有名かもしれない。しかしあくまでもFrancoise GilotはPicassoとの間の二人の子供にPicassoの名を継がせたくて、認知を求めた。嫉妬に狂ったPicassoは自分もすぐ後に内緒で再婚するにもかかわらず、認知の条件としてFrancoise GilotにLuc Simonとの離婚を求めた。二人のこどもは、再婚したPicassoには懐かず、Luc Simonとの親子関係の方が良好だったようだ。もう一つ、ここでLuc Simonの死を取り上げる理由は、彼がBarbaraの恋人だったからだ。
Luc Simon: wikipedia
Luc Simon : Ceci n'est pas une pipe: Artist として
Francoise Gilot Picasso:詩集「2N世代」
Barbara's lover, Picasso's rival, is dead
従ってこういう報道↑になる。
Francoise Gilotの50年代
・・・・・・・・・・

必死にさがしたので思いもよらない映像を見つけることができた。しかし若き日のLuc Simonをメディアを通して間接的にではあるが知っているゆえに、これはショッキングな映像だった。彼は87歳で亡くなったのだが、死の3年前からアルツハイマー病を患っていた。若き日は映画に主演したこともある、カッコいい男性であった。この映像を見ると、老いること、に激しいショックを感じた。そう言えば、抽象表現主義画家のWillem de Kooningもアルツハイマー病を晩年に患った。あのWillem de Kooningがである。
Luc Simon 晩年の映像


・・・・・・・・・・
Luc Simonに関してはいつか書こうと思っていた。すでにどこかに書いたかもしれないが私は「
Attendez que ma joie revienne」はBarbaraがLuc Simonにあてて書いた曲だと思っている。その辺の肉づけをしたいと思っていた。今日フランス人のBarbaraサイトの一つにいくと「Je ne sais pas dire je t'aime」が、BarbaraがLuc Simonに書いた曲だとあった。この歌詞そのものをBarbaraは手紙にしてLucに書き送っているそうだ。心情的には「Attendez que ma joie revienne」と非常に似ている。しかも時期的に何故BarbaraがAttendezと言っているかもわかっている。その時Barbaraには心からどうしても消えない人がいたのだ。名前も勿論わかっている。そしてそもそもLucはその人物と知り合いで、彼に頼まれて、ParisでBarbaraに近づいたのだった。話すと長くなるので今日はこの辺で。

参照:
BarbaraとPicassoの子供達との繋がり(3)
参照:
Luc Simon:BarbaraとPicasooの子供達(4)
参照;
Picassoの息子と娘?(1) Music Cross Talk


コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://musiccrosstalk.blog7.fc2.com/tb.php/246-cc540a98

«  | HOME |  »

2017-10

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

Bruxelles

Bruxelles

FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。