PLANETEに戻る

Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

L’atelier: Bruxelles 1954 (4)

Barbara not 1954.

2008-04-11記


Barbara à l’Atelier (publié par Les Greniers de la mémoire-France Musique et Le Chant du monde-Harmonia Mundi), enregistrement mythique du 1er octobre 1954, qui marque peut-être le tout début d’une vraie carrière. Ce jour-là, devant deux cents spectateurs tassés dans le vaste atelier du peintre Marcel Hastir à Bruxelles, elle gagne ses premières critiques de presse et son premier contrat discographique avec Decca-Belgique.

参照: Le Figaroの記事:2007年11月24日

L’atelier Bruxelles 1954 を紹介したLe Figaroの記事を探し出した。上はその抜粋。
この記事によると、かなり大きいMarcel Hastirのアトリエ、ぎっしり200人はいったようだ。1954年10月1日。ここにあるように翌日新聞記事に取り上げられた。Barbaraが初めてメディアに歌手として登場したことになる。(その報道記事も、リサイタルポスターも入手済み)そして客席にDecca-Belgiqueの関係者がいて、これをきっかけにレコード契約も整った。また11月にはAngèle Gullerのラジオ番組「 La vitrine aux chansons 」に招かれBarbaraはベルギーで初ラジオ出演を体験する。そして1955年の
レコード発売に合わせて、le Palais des Beaux-Arts de Bruxelles 、ブリュッセルの名門劇場への出演をはたす。Barbaraが言うようにL’atelier Marcel Hastirでのリサイタルは大きくBarbaraの歌手人生を浮上させる。

Ce n’est pas ce récital qui est enregistré par un de ses amis qui vient d’acheter un magnétophone à bande, mais son ultime répétition, au cours de l’après-midi. S’accompagnant au piano, elle interprète ses seize chansons
16曲の弾き語り、とある。レクリューズ時代でも下手だ下手だといっていたピアノをこの時期にすでに弾き語りをしていたのは驚きだ。とすればBarbaraに歌えるまでのピアノの手ほどきをしたのは、グルジア人のEthery Rouchadzeだということになる。前にも書いたが、録音はリサイタルそのものではなく、同日午後の最終リハーサル。録音は(1)で紹介したJacques Vynckier氏。彼はMarcel Hastirの生徒でもあった。自分の歌の反省材料にでもしようと思ったのか、Barbaraがリハーサルの録音を誰かにしてもらいたいとJacques Vynckier氏に依頼した。数日前にアメリカ製の前年に発売になったばかりのEkotape Websterというオープンリールのテープレコーダーを所持したJacques Vynckier氏、それをヨーロッパ仕様に電圧調整?して、急遽自分が録音係を引き受けることにした。録音がこのように全くの素人であること、そしてマイクがピアノの上に直接置かれていたこのなどが、声の歪の最も明らかな原因だと言える。(しかしCDでは、これを21世紀の録音技師プロのDjengo Hartlap氏がここまで出来るのかと思うほど修復してみせている)


Son répertoire est à l’époque très composite, mêlant les classiques intemporels (À Saint-Lazare d’Aristide Bruant, Madame Arthur d’Yvette Guilbert) et les succès du moment (Mon pote le gitan, Viens gosse de gosse), mais aussi des chansons originales... qui ne sont pas d’elle. «La Promenade» et «L’avenir est aux autres» sont l’œuvre d’Andrée Olga et de son mari Claude Sluys, fils de famille tenté par la poésie et la vie de bohème.
FigaroもLe Mondeも、結構こういうミスをする。Claude Sluysを夫と紹介しているのに、Andrée OlgaをBarbara自身と見抜けないなんて、フランスの評判の一般紙はBarbaraに関しては時々目を覆うほどいい加減だ。


Sur la place par Jacques Brel :


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


2008-04-19 : 追記
「吃驚仰天」と言う言葉で、曙の結婚問題のときの高見山を思い出してしまった。とにかく吃驚仰天!
ーとすればBarbaraに歌えるまでのピアノの手ほどきをしたのは、グルジア人のEthery Rouchadzeだということになる。ー
と上の文中に書いている、そのEthery RouchadzeがNet上に顔出しで登場した。この情報は今日届いたLes amis de Barbaraの会報No.33から入手したもの。1952 BruxellesにおけるBarbaraを語る、当然のことながら、吃驚するほどのおばあさん!とても天才Pianisteだった女性とは思えない。(ただし若き日の面影はある)。
Le Expressのweb記事上にある。
LEXPRESS.fr du 20/11/2007
Rencontre avec
Ethery Rouchadzé, première pianiste de Barbara:


////////////////////////


この記事はBlog Correspondances(2008-04-19),にBruxellesが記入したものをこちらに移動したものです。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://musiccrosstalk.blog7.fc2.com/tb.php/238-37433ac8

«  | HOME |  »

2017-04

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

Bruxelles

Bruxelles

FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。