PLANETEに戻る

Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

L’atelier: Bruxelles 1954 (2)

BARBARA à l'Atelier, Bruxelles 1954
を入手した。Merci Jacques !
その内容の16曲はこちら。
Francois Faurant. free.fr
Marie Avilès と Bernard Merle 
(どちらもLes Amis de Barbaraの重鎮)が書いた
34ペイジの小冊子が付いている。
Marcel Hastirの有名なアトリエで行われた
最初のほとんど幻のBarbaraデビュー・コンサート。
場所は51 rue du commerce à Bruxelles
これを録音して今回のレコード化に貢献したのは
Jacques Vynckier氏。
古い古いオープンリールのテイプレコーダーで
Jacques Vynckier氏が録音した。
もしこのテイプが保存されていなかったら今回のこのCDは
そしてそのコンサートは、存在しなかったことになる。
聴いてみると音は驚くほどよい。
Barbaraの声はまだBarbaraではない。
レクリューズで撥ねられた、声楽を学びました、という発声である。
しかし、栴檀(センダン)は双葉より芳し、
の片鱗は、その声に充分感じられる。
Jacques Vynckier氏についてはすでに
Correspondancesで紹介済み。
Correspondances 2007-11-06 ;
Marcel Hastirのアトリエでは現在も
様様なコンサートや展覧会が行われている。
Les Amis de Barbaraでは、3,4年前に
このMarcel Hastir氏の独占インタビューを
行っているので、その資料もある。
Barbaraの自伝にその名が登場した時から
その正体を必死に探してきた
Angèle Guller
果たした役割も次第に明らかになってきた。
このコンサートにはClaude Sluysも勿論深くかかわっている。
全く無名のBarbaraが1955年に
Bruxellesで78回転の幻のとも言える
レコードデビューが出来たのも
実はこのコンサートがきっかけとなったのだった。
このレコードデビューには
Angèle Gullerが深くかかわっている。
Barbara幻の最初の78回転モノラルは
Francois FaurantのSiteで。
2曲歌っている中の1曲「 L'œillet blanc 」は
レクリューズの共同経営者の一人Brigitte Sabouraud
作詞・作曲の作品である。
先に紹介した
Christian MesnilのFilm「Les Chemin de Barbara」
では多くの人が顔出しでインタビューに応じている。
Les Amis de Barbaraにはそれらを文字化した資料も多い。
今回のこのCDを軸にしたBarbaraのBruxelles時代を
Music Cross Talkに記事化したいと思っているが
資料が多くて資料の読み込みに時間を要するので
書き始めるのは再び枯葉の散る頃になりそうだ。

・・・・・
この記事はBlog Correspondances(2008年02月15日),にBruxellesが記入したものをこちらに移動したものです。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://musiccrosstalk.blog7.fc2.com/tb.php/236-0e3cdfa8

«  | HOME |  »

2017-10

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

Bruxelles

Bruxelles

FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。