PLANETEに戻る

Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

J'ai peur, j'avance.

古いnotebooksを整理していると、こんなメモに出会った。
 Un soir, je descends dans la rue pour me prostituer. Ce n'est pas le malheur, le grand malheur; mais c'est un grand chagrin.(...)
 Enfin bref, me voila sur le boulevard Anspach.
 J'ai peur, j'avance.
 J'avance, j'ai peur.
 J'ai peur, mais j'avance quand meme, chantera Lily-Passion en 1986.
 Il pleut; j'ai faim, j'avance.(...)
 Ce n'est pas possible que ce soit moi, ce soir-la, qui marche sur le boulevard Anspach !(...)
 Il faut du courage pour se prostituer, je n'ai pas ce courage-la.
(Barbara "Il etait un piano oir..." Fayard 1998, p.77&78)
BarbaraがAnspach通りに降りていって売春をしようと試みる場面の抜書きだ。
怖い、でも進む。
進む、けど怖い。
斜体の部分では、この心境を1986年のLily PassionでそのままLilyに歌わせたと書いている。Anspach通りの思い出が、こんなところによみがえって残っている。
・・・・・・・・・・・・
Lily PassionではDavid (Gérard Depardieu)にPrudenceのことをその名前を出して語らせている。PrudenceはBarbaraが下宿させて貰っていた家の女主人で以前は売春宿を経営していた。女の子がみんな去っていってやや痴呆気味で、年老いてひとり取り残された老婦人だ。BarbaraとClaudeの結婚式の立会人にもなっている。結婚式の食事の費用はこの夫人が出してくれた。Barbaraは元売春婦のこのPrudenceが大好きなのだ。
Lily Passionだけではない。1970年の舞台「Madame」。Barbaraが演じたMadameは女の子が去ってしまって一人取り残された売春宿のMadame、言い換えればPrudenceそのものを自分自身にオーバーラップさせたのだった。(この売春宿の場所は北アフリカの都市。何故こんな場所がイメージできたのだろうと初めは不可解だったが、これはコートジボワールのアビジャンでの思い出を嵌め込んでいるのだろうと、後に納得できた。)舞台の主人公にPrudenceをイメージしたいほどの、一体何をBarbaraはPrudenceに見出していたのだろうか。

Anspach通りでBarbaraはまずMadame Dussequeを思い出す。声楽の先生達は私を探しているだろうか?誰にも何も連絡せずに、Barbaraは家出してきたのだから。
このAnspach通りの部分はいつか全訳を試みたいと思っている。
古いnotebookに少し抜書きしていたのは、いつかこれをテーマにBarbara論を書こうと思っていたからだろう。
P.77にはこうも書いてある。
Etre petite soeur d'amour, chanter, prendre le voile, tout ca, c'est du pareil au meme.
(売春婦であること、歌うこと、修道女になること、全部方向性は同じだ)
これはインタビューでもよく言っている。甚だ意味が不明だ。
この辺がよく理解できた時に新しいBarbara論をArticleに入れようと思っていたのだろう。
Barbara論のテーマはもうひとつある。社会活動参加について。特にエイズ撲滅活動とその予防・啓蒙活動については、まだほとんど、あえて触れていない。「コンドームを忘れないでね。(頭に被るもんじゃないわよ)」などと繰り返して叫ぶ、Barbaraにどうしても大きな抵抗を感じてしまうからだ。それだけではない。コンサート会場の大きな籠に大量に入れて(無料配布されるために)置いてあるコンドームについても、一切触れないできた。
Barbaraが愛についてどういう哲学を持ってたのか、を究明できればいつか書こうとするBarbara論の二つのテーマは実は、おそらく重なる筈だ。


偶然見つけたメモによる感想を少し書いてみた。
第二番目のBarbara論がArticleに登場するのは、残念ながらまだまだ随分先のことになるだろう。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://musiccrosstalk.blog7.fc2.com/tb.php/220-19a362cb

«  | HOME |  »

2017-06

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

Bruxelles

Bruxelles

FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。