PLANETEに戻る

Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Jacques Serfの行方と心情 (2)

Nantesの街角の喫茶店で四人の男達とBarbaraは会う。
「彼は、家族に捨てられたのだと言ってましたよ」
「それは違います。父が私達を捨てたのです」・・・
この違いは何処から来るのだろう。本心では家族と離れたくは無かった。しかし居辛くなった、と言うことだろうか。
NantesでBarbaraは父Jacquesの最後の世話をしたというシスターにも会う。
「お約束ですから、何も申し上げられません」とシスターは言う。
おそらく父Jacquesは彼の罪をこのシスターに懺悔してこの世を旅立ったのだろう。


歌詞では父は娘に会いたがっているが、実際は誰にも連絡してくれるなと、誰にも何も言ってくれるなと、言い残している。
Barbaraは「あなたを許します」と父に言えなかったことを悔いているが、父はそんな言葉を露ほども欲していなかっただろう。
父は一人で、共同墓地に一輪の献花もなく葬られる。それこそ父Jacquesが望んだことだと私には思われる。
生前娘に異様に執着した男であればこそ、それが男にとっても、娘にとっても理想の死に方だった筈だ。

TVの中に歌手として出演している娘を見て、思わず「あれは、オレの娘だ!」と叫んでいる男の心情を想像してみよう。
この喜びとバランスを取るためには、自分が転落し惨めに死ぬ以外に、人生を完結する方法は無いと、おそらく彼は知っていたのだろう。それが彼の懺悔であり、最後の唯一の祈りであった筈だ。
そしてその死を、さらに完璧にするために、Barbaraはたった一人で父の死を背負おうとする。
これ以上の愛情表現が他にあるだろうか。
人が人生を完結させるためには、その死を背負ってくれる生者の存在、生者の側の愛、生者の肩が、必要なのだ。
この父と娘の心情は、当人さへ感知できないほど深い部分で、実は呼応し続けている。
それが無ければ、少なくとも名曲Nantesは決して誕生しなかった筈だ。

Written by Bruxelles
参照: 「Barbara」 par Valerie Lehoux P.48~P.50
参照: 「Nantesの成立過程」-PLANETE BARBARA

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://musiccrosstalk.blog7.fc2.com/tb.php/217-5d1197bf

«  | HOME |  »

2017-10

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

Bruxelles

Bruxelles

FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。