PLANETEに戻る

Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Barbara 2-1. L'homme en habit rouge

・・・・・
Je l'avais rencontré là, dans un bar,
Sur une planète vraiment bizarre,
Il fumait des fleurs aux parfums étranges,
Et qui semblaient l'envoyer jusqu'aux anges,

Qui es-tu, d'où viens-tu,
Miraculeusement apparu, dis-moi, dis-moi, dis-moi,
D'autre part, de nulle part,
Dis-moi, quel est ton pays, l'homme en habit rouge,

Il m'a dit "viens, je te ferai connaître,
Ce pays d'où tu pourras enfin naître",
L'Homme en habit rouge
・・・・・・
私はあそこのバーで彼に出会った
不思議な別の惑星のような世界で
彼は変な香りのする花をタバコのように吸っていた
彼を天使のいるところに運ぶような香りの花よ

あなたは誰、どこから来たの
魔法のように現れた人
言って言って言って
他のどこから? どこからともなく?
言って、あなたの国はどこなの
赤い服の男

彼は私に言ったわ
「おいで、君がきっと生まれ変われる
その国を教えてあげよう」
・・・・・・・・・
「赤い服の男」
Text: Barbara et Gerard Bourgeois
Musique: Barbara

私はBarbaraがせわしなく歌う曲をあまり好きではない。この曲もそうだったのだが、偶然映画館で見たBejartの「Je suis ne a Venise」の中でBarbaraが歌うこの歌を聞いて好きになった。スピード感覚が映画のダンスと合っていたのだ。
Variete
手持ちのレコードを調べてみると1975年発売(日本で)の「バリエテ座のバルバラ」の中に入っていた。実際は1974年2月9日から3月12日まで出演した。これは例のOlympiaの「さよなら」公演以来のParis公演で、出演は予定より1週間延期された。
若いファンが来れるように最低料金は13フランまで下げるようにBarbaraが強く主張し、その主張は充分に報われた、ある意味で新生Barbara登場とも言えるコンサートだった。この公演ではじめて歌われたのが、この「L'Homme en habit rouge」で、数ヵ月後にレコード化されている。

La Louve今私がもう1枚手にしているレコードは、1974年発売(日本では)のBarbaraの「La Louve」。このレコードのアルバムタイトルが「黒いデッサン」になっているのと、Side-1の1曲目の「L'enfant Laboureur」が「花を咲かせるために」という日本語タイトルがついていることに今、初めて気がついた。この「La Louve 雌狼」のどこが「黒いデッサン」なのだろうか?
永田文夫氏の解説にもこうある。
「最初の『花を咲かせるために』を耳にして、まず驚かされるのは、若々しいロック・サウンドだ」「疑いもなく、バルバラは恋をしているようだ。1930年生まれ、40の坂を越した彼女は、おそらくその生涯で、最も充実した時を迎えようとしている」
ーバルバラが恋をしているーレコードをひっくり返し、William ShellerとFrancois Wertheimerの名前を見つけて、相手はどっちだろう、と詮索した日本のファンも多かっただろう。確かに今までのレコードとは明らかに違うものだった。
簡単な計算をしよう。1974年バリエテ座で「赤い服の男」を発表するためには、少なくとも1973年にその男はBarbaraの人生に登場しているはずだ。そして1973年とはBarbaraが「La Louve」の制作をした年であり、またこれまで定住者では決してなかったBarbaraが初めて自宅を持った年、ParisからPrecy-sur-Marneの家に引っ越した年でもあり、大きな転換年でもあった。
くどくど書くのはやめて、Valerieの本に移ろう。(参照 P.17ーP.18)

「La Louve」が完成した後、Francois WertheimerはBarbaraとはほとんど会っていない。唯一の例外は8年後のPantinに一般聴衆として出かけて行った時ぐらいだ。その時の聴衆の熱狂には本当に驚いた。そこでは、まぎれもなくBarbaraは堂々のロックスターそのものだった。他の日同様、その夜もBrabaraは「L'Homme en habit rouge」を歌った。Wertheimerの中で懐かしい感情が爆発した。
Francois Wertheimer: 個人的な話だけどね、今なら言ってもいいと思う。いい話なんだから。1973年の夏、PrecyのBarbara新宅で僕はいつも全裸で散歩してたんだよ。ある日BarbaraがGuerlainの服を、赤い服を僕のために買って、着させたんだよ。僕が彼女の家を離れて行った後、彼女はこの曲「赤い服の男」を作った。二人の思い出のために書いてくれた曲だと僕は思っている」

Wertheimerは25歳、そしてBarbaraは42歳だった。確かに二人はL'ArcazarのBarで出会っている。そしてBarbaraの新しいPrecyの家に、一緒に入居したのは、なんとこのWertheimerだったのだ。
1973年の数ヶ月間、二人は人生を共にし、愛し合い、彼は歌詞を書き、彼女は曲をつけて、アルバム「La Louve」を世に送り出した。そして制作完成と同時に彼はこの家を出た。彼女は「L'Homme en habit rouge」を書き、バリエテ座で発表した。

Valerie Lehouxの「Barbara」では第1章の前の「Introduction」でWertheimerとBarbaraのこの上記の部分に触れている。今回この本で初めてWertheimerが明らかにした特ダネなのだろう。
///////////

Planete Barbaraに以前登場したWertheimerに関する記事
Plenate Barbaraに以前登場したWilliam Shellerに関する記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://musiccrosstalk.blog7.fc2.com/tb.php/206-d2096ce1

«  | HOME |  »

2017-09

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

Bruxelles

Bruxelles

FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。