PLANETEに戻る

Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Monsieur H (つづき)

Hubert Ballay par Gilles Schlesser
出典:La Lettre des Amis de Barbara No.29
・・・・・・・・・・

GS :別れた原因は何ですか?

HB :僕はAbidjanに彼女はParisに、つまり5000キロ離れて暮らしていました。彼女は歌手としてこれからという見通しがついて展開していこうとしていました。僕には彼女の歌手としての人生を断ち切る権利はありませんでした。二人は愛し合っていましたが、現実的に愛し合うことは不可能でした。本当なら100年も続く筈の恋でした。しかし現実の前に、実際は2年半続いて終わりました。お互い納得してやむを得ず、別れました。友達としては会い続けましたよ。’65年までくらいはね。65年と言うのは僕がParisに戻った年です。Barclayの部長の職に就いた年です。勿論会社は僕がBarbaraを昔から知っていると知って、彼女に会うように望みましたよ。でもね、僕はBarbaraに言ったんですよ、Philipsを離れるなよって。

GS :彼女の歌手としてのキャリアにどんな影響を与えたと思いますか。

HB :初めのころBarbaraのレパートリーは、ブレル、ブラッサンスでした。それはそれでよかったのですが、彼女は女性ですから、自分自身の表現ではないわけです。僕がアドヴァイスしたのは、自分自身の曲を書くこと、独自のスタイルを作り、独自の世界を打ち出すことです。そのために僕と一緒にいる時は、一緒にその目的のために努力しました。彼女と一緒に僕は作曲も作詞もしました。でも決してSACEMに共作者として名前を出したいとは望みませんでした。ナント、たとえば、ナントは二人で作詞作曲した曲です。

GS :と言うことはお父さんに関することを聞いていたのですね。

HB :はい。と言うのはVitruve,彼女が住んでいたあの場所に時々、その窓の下にやってきて座っている一人の男性がいたんですよ。僕はその人をよく見かけましたよ。Barbaraはそれが父親だと、知っていました。けれど、ほかの家族は誰も気づきませんでした。Madame Serf(バルバラの母)も、その男に目をやっていましたが、わからなかったのです。そのベンチに座っている浮浪者が自分の夫だと、もはや、わからなかったんです。

GS :Barbaraはあなたとの女としての愛の人生よりも歌手としての自分の夢を選んだのですか。

HB :はじめは全くそんなことはありませんでした。僕たちが出会った頃、L'Ecluseでデビューした頃は、彼女自身自分がこれほどのスター歌手になるとは夢にも思っていませんでした。彼女が歌手としての人生に集中していくのは、レコード会社が次第に歌手としての彼女に注目し、売り出そうと力を入れ始めたからです。

GS :彼女との別れに、あなたは苦しみましたか?

HB :別れたことは、お互い納得してわかれたので、そのことでは全く苦しみませんでした。僕が苦しんだのは、それゆえにもう会えなくなった事実にです。時々彼女はその後も僕に電話して来ました。特にうまくいかずつまずいた時に。昔のように、僕たち二人のことについて、何か話すということでは、もうなくなっていきました。
'86年からは、もう関わりもなく会ってもいません。(終わり)
・・・・

Gilles SchlesserによるHubert Ballayへのこのインタビューは2007年1月に、Les Amis de BARBARAのために特別に行われた。
Hubert BallayはBarbaraと知り合った当時コートジボワールに滞在する外交官であった。ここにあるようにBarclayの重役にもなっている。起業家でもある。作家でもあり、作曲家でもあり、シナリオライターでもあり・・・とつまり多才でおそらく魅力的な人物であったことがわかる。
60年代Barbaraはリサイタルで「Dis Quand Reviendras-Tu?」を歌う時次のような言葉をささやいていた。
「以前は、私は他人の曲ばかりを歌っていました。ある日十字軍の遠征に出発していったある男性に、自分自身のシャンソンを書くチャンスを与えられました。そして自分のこの曲を書きました。その曲のタイトルは・・・」と言い、そしてタイトルを言うことなくピアノを弾き始め「Dis Quand Reviendras-Tu?」と歌いだすのだった。

・・・・・・・・
父親は飛び出したまま、家族を捨てて自由奔放に無責任に放浪していたわけではないことがわかる。家族と生きることに力が尽きたのだろうか。それともBarbaraへの罪悪感から、去らなければならないと思って出て行ったのだろうか?
ナントで死んだ父は、あの世から全力でBarbaraを見守ったのではないだろうかと思われる。母に走り書きを残し、たった一人でナントに向かったBarbaraの気持ちがすこしづつわかってきたような気がする。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://musiccrosstalk.blog7.fc2.com/tb.php/187-17387dc5

«  | HOME |  »

2017-10

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

Bruxelles

Bruxelles

FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。