PLANETEに戻る

Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1997年11月25日のBARBARA報道

11月25日(火)パリ時間 18:36 AFP通信

「僕はBARBARAから多くを学んだ。叙情性、とても素晴らしい現代の叙情性を。素晴らしくかけがえのない人だった」とFrance-InterのインタビューでSerge Reggianiはバルバラを惜しんだ。

「彼女はかけがえのない人だった。存在価値の高い人物で、キャラクターとしては陽気で、幸福そうで気前がよくて、面白く・・」とFrance-InterのインタビューでJuliette GrecoはBarbaraを語った。そしてGrecoはこう付け加えている。
「Barbaraは生き続ける、長い間生き続ける、私達が彼女への想いを消さない限り生き続ける。Barbaraを歌い続ける限り生き続ける。彼女のファンの人々を通して、そしてまだ彼女を知らない人々に、人々が彼女を語り継いでいく限り。事実そうし続けるだろう。だから彼女は死ぬことはないと言える。姿が見えなくても、それは肉体的にちょっと外出したり、席を外したりしているにすぎない」
///////////////

11月25日(火)パリ時間 12:46、AFP通信

エイズ患者支援団体ACT-UPはBarbaraの死に対してコメントを発表した。我々の団体に対してBarbaraは最も支援を惜しみなくし続けてくれた、真に人類の敵エイズと闘う勇者だった、とコメントした。
「我々と共に闘ってくれた。彼女は刑務所にいる囚人、差別される外国人、ホモセクシュアル、娼婦、そして麻薬中毒患者のために、いわれなき偏見のために2重の苦しみを生きる人々に、真に救済の労力を惜しまなかった、闘い続けた人だった。本日ACT-UPの活動家全員が悲しみに沈んでいる」

元文化相のPhilippe DOUSTE-BLAZYは「独自の存在を示した歌手だった。Jacques Brel Yves Montand, Edith Piafに並ぶフランスの誇れる歌手だった」と語った。
「今日フランス全体が、大切な黒衣の婦人というパートナーを失った。その声は刺激的で、力強く心を揺さぶり温かみがあった」
////////////////

11月25日(火)パリ時間 17:33 AFP通信

”Sol En Si(Solidalite Enfants Sida)"のコメント:
:Barbaraの死を苦痛と共に受け止めている。協会の設立当初から我々と共に歩んでくれた。SIDA(エイズ)に感染した子供達やその親達のため熱心に活動してくれた。彼女の曲「Sid'amour a mort」の版権をSol En Siに無償で譲渡してくれた。

”Le Syndicat National de L’Edition Phonographique(SNEP)”のコメント:
:彼女の死を心からお悔やみいたします。レコード制作業界は彼女の40年にわたる活動に感謝いたします。職業論理のある芸術家でした。BARBARAはシャンソンを芸術の高みに押し上げました。その才能、厳格さ、慎み深さは今までも、そしてこれからも後ろを行く歌手達や音楽業界全体のひとつの典拠となり続けるだろうと思います。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://musiccrosstalk.blog7.fc2.com/tb.php/174-e868fffa

«  | HOME |  »

2017-08

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

Bruxelles

Bruxelles

FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。