PLANETEに戻る

Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Barbaraの葬儀に2000人がつめかける(3)

Paris発1997年11月27日(木)REUTERS通信:Paris時間午前11時44分

歌手Barbaraの葬儀がParis近くのBAGNEUXで木曜日の朝行われ、およそ2000人がつめかけた。
灰色の空の下、午前11時前にはBagneuxの墓地に群集が集まった。日曜日の夕方Neuillyのアメリカン病院で亡くなったBarbaraの近親者は極めて内輪の葬儀を希望していた。

一方、Barbaraが数年前から暮らしていたPrecy-sur-Marneの市役所では、記帳が行われていた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Reutersでは15年とも20年とも書かず数年前となっている。正確さを期したあいまいさ。
Barbaraファンなら誰も思い出したであろう「私の埋葬式に(Y'AURA DU MONDE)」という曲。

・・・・・・
Je vous m'en souvenir longtemps
de l'heure de mon heure derniere
Et lorsque je serai couchee
Au dedans de la bonne terre
Pour vous tous que j'ai tant aime
Durant cette vie toute entiere
Si vous entendez tin tin・・・
Ma derniere petite chanson
Surtout n'en ayez pas de peine
C'est pour dire ,adieu, je vous aime
Le jour de mon enterrement
・・・・・・
私の一生の間に出会いそして好きになった
あなたたちのために
私は最後の時を長く記憶に留めたいわ
私が大地の中に横たわるその時
もしティンティンという音、
私の最後の歌声が聞こえてきたら
私がお葬式の日に
「さよなら、愛しています」と
あなたたちに言っていると思ってね。
何より、つらいなんて、思わないでね。
(Bruxelles訳)

前半は皮肉っぽく葬儀の偽善性をコミカルに歌いつつも後半は理想の葬儀を夢見て歌っている。人が死の直前にしか対峙出来ない「この世との別れ」をその歌で体験し、時間の先取りをして「死」さへ超越し「生」に組み込んでしまったBarbara。
諧謔と自虐と「死の先取り」はBarbaraにとって人生を孤独に生きるための三種の武器だったのかもしれない。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://musiccrosstalk.blog7.fc2.com/tb.php/172-4e474aac

«  | HOME |  »

2017-10

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

Bruxelles

Bruxelles

FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。