PLANETEに戻る

Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Barbara et Bruxelles(1)

Barbara et Bruxelles(1) 2005/06/02
またしてもBruxellesに
Jean Wienerの紹介でPierre Prevert(Jacques Prevertの兄弟)がオープンする「La Fontaine des Quatre Saison」に行ったBarbara。店はすでにオープンしていてショーも始まっていた。手違いとはいえ、Barbaraに与えられたのは一日8フランの皿洗い。・・(省略)・・結局身体を壊してBarbaraは初めて入院生活を送ることになった。(省略)

Belgique時代の友達からBarbaraの話を聞いたCharleroiの青年が病院にやってきた。Charleroiの話や共通の友達の話をした。そして3日後この青年のバイクでBarbaraは再びBruxellesに戻る事になった。1952年冬の初め。この少年の名はJeff。maison de Boondaelという場所で他の若い画家たちと共同生活をしていた。Barbaraも見知らぬArtist仲間に受け入れられた。「歌を歌いたい」と言ったら、客を呼べるようにいろいろ計画を考えてくれた。「私にはまだレパートリーは何もなく、伴奏も出来なかった。出来ても人に聞いてもらえる代物ではなかった」
ピアニストを探したところ、Ethery Roochadzeが芸術家のコミューンのようなBoondaelに電話してきてくれた。二人はEtheryの部屋でその日のうちに会った。大きなピアノと小さなベッドのある部屋だった。Etheryはグルジア人で仕事を探していた。ショパンの「La Quatrieme Ballade」を弾いた。「なんてピアニストなんだ。すごい!と私は思った」この人は小さく痩せていたが、独特の生命力を持っていた。ピアノを弾くと音が彼女の肩から指先に流れていくのが見えるようだった。音が身体全体から湧き出ていた。伴奏を引き受けてくれ翌日から私のこれから歌う歌の練習を彼女と開始した。本当に幸せだった。ついについに私は歌うことが出来る!私は歌う場所を持った。

出て実際歌ってみたが、全くうまくいかなかった。お客の学生たちからは、時々野次が飛んできた。私の歌だけではショーは持たないという結論が出た。Etheryはベルギー人の男性をぜひ私に会わせたいと言った。彼は研修中の法学生だが、ショーのことに詳しい青年だと言った。手品が出来るので一緒にやってくれるに違いないと言った。
正直言ってはじめてあった時、運命の直感はなかった。一年後に結婚することになるのだから、本来は感じてもよかった筈なのだけれど。確かに楽しい人だった。

私の未来の夫はCと言った。(彼や彼の家族に迷惑をかけたくないので名を伏せておく)偉大な手品師だった。知的で無論魅力的な人だった。よく二人で一緒にいた。彼は裁判所にいるより、私といる時間の方がずっと長かっただろう。画家のArchimboldoやRene Magritte,そしてsurrealismの詩人のPaul NOUGEの話を初めて彼から教えてもらった。共通の友達の家で、Marianne Oswaldを初めて聞いたのも彼と一緒の時だった。残忍でモダンで絶望的で、Marianne Oswaldに私は仰天した。(続く)

BARBARA 「Il etait un piano noir...」 P.95~P.98


コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

この中ならば、作品の成立過程、というカテゴリーの中にあります。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://musiccrosstalk.blog7.fc2.com/tb.php/146-a6dfd1c3

«  | HOME |  »

2017-08

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

Bruxelles

Bruxelles

FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。