FC2ブログ
PLANETEに戻る

Latest Entries

Barbaraの一発ギャグ

Poisson Rouge

出典:「Barbara」par Valerie Lehoux P.103
証言者:Claude Vinci
場所:La Boule d'Or : Francesca Solleville, Pia Colombo, Christine Sevres, Marc OgeretそしてBarbara等の溜まり場
・・・・・・・・・・


Barbara: "Quelle est la couleur des petits pois?"
(グリーンピースの色は何色?)
Barbara: "Non,c'est pas vert, c'est rouge. Parce que les pois sont rouges!"
(緑じゃないわよ、答えは赤。だってポワソンルージュ(=グリーンピースは赤い)ポワソンルージュ(=金魚)って言うでしょ)

日本語は金魚なので、このギャグは不可。日本でも赤い金魚が一般的なのに。昔は金色だった?!上の写真は16ヶ月ほど前から準備していたのだが、この話を打ち込む時間が無くて、今日になってしまった。


・・・・・・・・・・・・


Je crois que le rire etait pour nous ( Barbara, Sagan, Greco) la meilleure facon d'exorciser la douleur, l'inquietude .
(私達にとって笑いは辛さや不安感を追い払う最良の手段でした)
L'humour de Barbara etait une defense, une fenetre ouvert sur la liberte.
(バルバラのユーモアはある種の自己防衛でした、自由・解放に向かって開かれた窓でした)
「Barbara」par Valerie Lehoux P.104 :
Greco
Juliette Grecoが単なるシャンソン歌手ではない、ことの論拠となりえるほどの素晴らしい分析だ。

上はCorrespondances(2009年8月9日)にBruxellesが書いた記事をこちらに移動したものです。


スポンサーサイト



Roland ROMANELLI

Roand Romanelli

Roland ROMANELLI 56min
・・・・・・・・・
Le 22 mars dernier Yves Calvi dans son émission
radio Nonobstant sur France Inter invitait Roland Romanelli

・・・・・追記2010年4月18日・・・・・
Barbaraの自殺騒ぎがあった時、結局Barbaraがかけた間違い電話から、その電話を受けた見知らぬ人が救急車を呼んでくれて、Barbaraは死を免れたのだった。睡眠薬の飲みすぎ。魔がさしてうっかり間違えて飲んだのだと、Barbaraは自殺説を完全否定している。眠れない苦しさから、ちょっとばかりアルコールを飲みすぎるような勢いで飲んでしまったのだろう。Dalidaを初めシャンソン歌手には実際驚くほど自殺者は多い。あのJohnny Hallydayでさへ、自殺未遂経験がある。「魔がさす」というのは、説明を拒否するためのジョーカーだ。今朝ふと思い出したのだが、この間違い電話をかける前に、私の記憶ではBarbaraはRoland Romanelliに電話している。が留守だったのだ。睡眠薬が致死量に近づく前に、BarbaraはRolandを相談相手に選んだ。ある時期Rolandは間違いなくそういうポジションにいたのだ。そしてもう一度Rolandにかけようとして意識が混濁して番号を間違えたのだろう。(結果としてはそれが命を救ったのだが)・・・
上の放送でRollandは五月蝿いほどしゃべりにしゃべっている。Planete Barbaraでは既に書き記したことばかりなので解説は省略する。繰り返しになるがひとつだけ、やはりBarbaraらしさを感じるので再記しておく。BarbaraとRolandはLily Passionの稽古中の諍いが元で、ぶち切れたRolandが稽古場を飛び出し、そのまま永遠に去ってしまうことになる。後はお互いの意地の張り合いだ。(Lily Passionで目も当てられない程あの俳優と目の前でいちゃいちゃされたら、Rollandでなくてもぶち切れるだろう-Bruxelles発言)「その後は一度も会っていないのですか?」の問いにRolandは答えている。「一度だけBarbaraから電話がありました。すぐに僕はBarbaraだと分かったのですが、Barbaraはこう言ったのです。『Jean Michel Jarreさんのお宅ですか』?ってね」「それで?」「それで僕はこう言いました。いいえ、違います。番号のおかけ間違いですよ、ってね」
どちらの気持ちも非常に良く分かる。こういうシチュエーションの経験は誰にでもあるだろう。「久しぶり、よく電話をかけてきてくれたね」ってRollandが言えたら、二人はすぐに再会しただろう。あなたがRolandなら、どう対応しただろうか。私がRolandなら、私がRolandなら、同じようにもうBarbaraの元には戻らないだろう。

上はCorrespondances(2010年4月18日)にBruxellesが書いた記事をこちらに移動したものです。

«  | HOME |  »

2010-05

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

Bruxelles

Bruxelles

FC2ブログへようこそ!