PLANETEに戻る

Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Anne Sylvestre & Marie Chaix (5)

参照:Anne Sylvestre : Ecrire pour ne pas mourir:
「死なないために書く」 の
歌詞 & その歌 をきく。
・・・・・・・・・・・・・・

Anneは20歳頃から自作を書き始めた。そしてNicole Louvierを聞いて自分もそんな風になりたいと思った。しかし風呂場で歌って家族に聞かせる程度だった。1955年政治犯の全面的大赦があって父がFresnesから出てきた。父はAnneの最初のファンになり、彼女のデビューに力を尽くした。Anne22歳Marie14歳。その父も1963年に死亡。
仕事を探す羽目になったMarieは最初
出版社?で、そして1966年から(1964年という資料もある)Barbaraの元で働き始めた。Marie24歳。
ある日BarbaraはMarieに家族のことを聞いてきた。ユダヤ人で占領下のフランスを逃げ回ったBarbaraを前に、加害者側の家族のことを語ることは言いようの無い苦痛だった。それでも話した。
「Echangeons nos morts,
ils sont tous pareils」
とBarbaraは言い、Marieにそれをいつか書き尽くすようにと言った。この場合ilsとは各々の父親である。Barbaraは父親がしでかした事ゆえ、苦しみ続けなければならない娘、Marieに自分を見たのだろう。「私の父も、似たようなものよ。死ぬ前も死んでからも、さんざん苦しめられてるわ」
そう言いたかったのだろう。そして言葉には出来ない、父親への深い愛情も、同時に見抜いていたに違いない。
よくぞ聞いたものだ。
よくぞ答えたものだ。
よくぞ許したものだ。
それは、父親の過ちから逃れられずに苦しみ続ける娘をBarbara自身が生きてきたからだろう。

mp3で置かれた3人の長い長いインタビューをお聞きになった方の耳にはJulietteという言葉が聞き取れただろう。二人が共に語るJulietteは、勿論歌手のJulietteではなく、1937年、Marieの生まれる前から、戦前から家に住み込んでいた女中のことである。父がいなくなってからも、母と二人で家族を守ってくれたJuliette。戦後名誉も収入も途絶えて、給料も支払えなくなったと告げた時もJulietteはこう言った。
「奥様、もし私が今出ていったら、誰がお子様達をお守りするんですか」
そう言って不幸を共にすることを表明してくれた。
AnneもMarieも愛の壁に守られて幼い日々を過ごしたと語っている。1937年からいたとすれば、AnneにとってはこのJulietteの存在は非常に大きかっただろうと思われる。AnneはJulietteが彼女を抱いて歌を歌って、暗く落ち込んだ家族を励ましてくれたのを忘れない。(母は病から半身不随になっていたのだった。また天使のようにハンサムだった2番目の兄Paulも後に1962年に病死した。)「
Tout va bien Madame la Marquise」等を歌ってくれたと言っている。(この歌は現代でもフランス人なら誰でも歌える、昔からの歌で最近もある政治の場面で政治家達によって合唱された。)Anneが子供の歌を歌う原点は、このあたりにあるのかもしれない。人生を乗り越え、歌手になり、作家になった姉妹にとって、Julietteの果たした役割は大きい。

最後にMarieはAnneに今度はAnneが父のこと、家族のことをAnneの視点で書くように勧めている。Anneの視点でしか書けない8年間が存在する。MarieにはAnneの苦しみの大きさが、いまこそより深くわかるのだろう。

Marie Chaixの著作を読まずして彼女達の父親、Albert Beugras氏について言及することは、避けたいと考えている。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


参照1:Marie Chaix 
(この資料にNadine Laïkが登場する。Marie Chaixの幼友達として子供の頃のMarie Chaixを細身の美人で、クラスメイトに一目置かれる存在だったと証言している。Nadine Laïkは2年先にBarbaraの秘書になっている人物だ。この人やAnneを通してMarie Chaixの存在をBarbaraはかなり身近に知っていたのだろう。ところでこのNadine Laïkも有能なマネージャーであり、作家であり作詞家でもあったようだ。Marie Chaixをスカウトしたのは、Nadine Laïkの推薦でもあったのだろうか。Nadine Laïk、今後調査の必要ありだ)
参照2:
Radio Canada Anne Interview 5本 :
参照3:
Valerie & Marie parlent de Barbara 過去記事より一部再録

スポンサーサイト

Anne Sylvestre & Marie Chaix (4)

BarbaraとAnne Sylvestreはデビューの時期が近いので、同じホールに出ていたり、同じツアーに出ていたりしている。Marie ChaixはBarbaraの秘書をしていたのだから、二姉妹共Barbaraと非常に親しく接していた人物だ。二人がコラボの子供と知った時、私自身にも驚きであった。Barbaraはいつ頃これを知り、その後彼女達にどういう接し方をしたのだろうか。そもそもBarbaraは、どうしてMarie Chaixを自分の秘書にスカウトしたのだろうか。(自分から近づき「あなたは私が嫌いかもしれないけれど」という前置きをしてBarbaraはスカウトしている。)謎は多い。Barbaraの元秘書が後に作家になってKey Westに住んでいると知った時、やはり驚きであった。どんな作品を書いて、秘書から作家に転身したのか、には考えは及ばなかった。今回この謎だけは解明できたが。

Valerie LehouxとMarie Chaixの二人は去年のBarbara10周年のラジオやTV番組のほとんどに出演していた。Barbaraの人となりを知るための情報の過半数は元秘書のこのMarie Chaixの発言から出ていると言っても過言ではないだろう。次第に書き込んでいこうとは思っているが、まだ何も紹介していない。夜中に水を持ってこいと叩き起こされた話から「Mon Enfance」の成立過程の目撃談、TV番組では、日向に座ったBarbaraに、その横にただじっと立って日傘を差し出し続けているMarie Chaixの写真が紹介されていたこともある。まるでマハラジャのようなBarbaraである。「Barbaraはカップルを見たら必ずその男性の方を自分のものにしようとする」等と言う理解しかねる爆弾発言もあった。すべて調査をし尽くしてからしか書けないものばかりである。
ただ「あなたにとってのBarbaraは?」という質問にMarie Chaixはいつも感極まった声でこう言う。「私をつくった方です。Barbaraのおかげで人生を歩み、いかに生きるかをすべて学びました」と。
「黒い鷲」で大ブレイクするまで上昇し続けたBarbaraに、引っ張られるようにBarbaraと共に自分の人生を見出していったMarie Chaix。今のMarie Chaixが昔のMarie Chaixを取り戻すのは、昔のBarbaraを語るときだけなのではないだろうか。あの作品を書いたことで自分の人生が大きく今に向かって動き出したとMarie Chaixが語るあの作品を、コラボの父のこと、その家族のこと、それまでの人生の重荷を、書いて解き放つように最も早い時期に勧めたのが、Barbaraであったことが、今回初めて明らかになった。Barbaraがいなければ、今の自分はないとMarie Chaixが言うのも決して誇張ではないことがわかる。(続く)
・・・・・・・・・・・・・・・

参照:過去記事:BarbaraとMarie Chaix:
参照:
Anne Sylvestre My Space
参照:
Anne Sylvestre Daily Motion
Anne Sylvestreのすべてが詰まっているMusic Me
Anne Sylvestre Biography:
二人の父:
Albert Beugras

//////////////
これはCorrespondances 2008年8月1日の記事をこちらに移動したものです。今回二人の父Albert Beugras氏の写真を未掲載にしました。

Anne Sylvestre & Marie Chaix (3)

今日は続きを入れようと、ながながと原稿を書いてきたのだけれど、急遽変更。臨時の記事を入れます。
BruxellesのArt blog「
Ceci n'est pas une pipe」の最新記事をご覧下さい。
ここに書いているようにこの類まれなるArtistとBarbaraが意外にも繋がることになった。

これはMarie Chiaxの資料
Je suis Marie Chiax」のような書き方で
彼女のこといが非常に詳しく書かれている。
(Jean-Francois Chiax氏と結婚してEmilieとLeonoreという娘がいる。現在はCesarと言う孫もいる。最初の本は1974年に出版された。英語にも翻訳されることになり翻訳者から手紙をもらって1976年3月初めにParisで会った。ちょうど2冊目の本が出る頃だった。翻訳者とそのまま今に到るまで一緒に暮らしている。1992年には結婚もした。その彼こそが、Harry Mathews, Nikiの最初の夫である。〔
Barbaraに関する本は1986年に書いた。〕Barbara死亡時、Marie Chaixはインタビューをキイウエストで受けていたのはそのためだった。
Barbara死亡時MarieがBarbaraに捧げた詩の抜粋を
Music Cross Talkの過去記事から紹介:)

こちらが
Harry Mathewsの写真と紹介文:
多方面にわたる才人だと思われる。

資料:
HarryとMarieの出会い
Harry: 最初の出会いは1973年Watergate事件の頃だった。レストランでMarieと会った時、そこにBarbaraとRegineがいた。Marieは初めての本を仕上げたばかりだった。
Marie: 1976年最初の夫の家を出て、赤いVolkswagenを駆ってジェノヴァで待つアメリカ人の恋人のもとに走った。
去年のBarbara Daysに見たMarie Chiaxからは想像も出来ない話だが、(1)でアイスクリームを食べているこのMaria Schneider似の女の子の未来にはあり得そうな事実だ。

この記事はCorrespondances(2008年7月31日)からこちらに移転したものです。

・・・・・追記:2011年4月16日・・・・・
Harry Mathewsについての追記
Harry MathewsはNIKIほど日本においての知名度はないが、かなりの才人のようだ。
My Life In CIA by Harry Mathews
The Novelist Who Was Also a Spy, or Not
Harry Mathews, The Art of Fiction No. 191
Inetrview Harry Mathews
Harry Mathews 〇MARIE CHAIX

Videos: Marie Chaix

Anne Sylvestre & Marie Chaix (2)

Anne & Marie

姉は戦前1934年に、妹はその8年後、ドイツ支配下の時代に生まれた。現在前者は歌手、後者は作家である。妹のMarie ChaixはBarbaraに請われて秘書になっていたので、このサイトではその声も顔もすでに詳しく紹介している。今回TeleramaのValerie Lehouxがこの二姉妹をゲストに迎え、彼女達の子供時代の閉ざされた胸の内を開かせてゆく。昔Sabineに教えて貰った歌手Anne Sylvestreも上の写真からわかるように現在74歳となっている。前回彼女達の父親がコラボだったと書いたが、コラボとはわかりやすく言えば、対独協力者のことだ。二姉妹そろって、そのことに関して口を開くのは、今回がはじめてである。


Marie Chaixは1974年の初めての出版本「Les Lauriers du lac de Constance」で父について、家族について明らかにしたが、Anne Sylvestreは最近までそのことを公にはしていなかった。


前回にも書いたが、父親はDoriotの右腕で、1944年にドイツに去り、連合軍のフランス解放の後は、例のFresnesの刑務所に収監された。二人には兄Jeanもいたが、父と行動を共にしており、連合軍の爆撃により行方不明になったままだ。
父がドイツに去った1944年、Marieはまだ2歳、Anneは10歳だった。
戦後Fresnesの刑務所に出かけたMarieは父を見て「Bonjour monsieur」と言った。Marieにとっては、鉄格子の向こうにいる人が父で、それ以前の父を知らない。Fresnesに行くことは遠足のような「お出かけ」だった。Anneには父の思い出も、父への愛情もありFresnesがどういう場所であるかも知っており「Fresnes」という言葉さえ、口にしないように注意を払った。8歳の隔たりは大きい。
後年Anneは作詞作曲をし、ギターで弾き語るシャンソン史上二人目の女性歌手となったが(一人目はNicole Louvier)Marieがペンを取るのはずっと遅い。1971年に母が死んでからだ。
毎週電車とバスを乗り継いでFresnesへお出かけしていたことから書き始めた。女友達に見せたら、続きを書くように励まされた。Anneには、勿論見せない。Anneを作品に書き込むわけにもいかないと思った。何も知らない自分の視点でしか書けない。2年間Marieは書き続けた。
最初の資料は父がFresnesで書き留めていたノートだ。母がMarieに与え、長年寝室のテイブルに置いてあったノートだ。それから数ヶ月間は図書館にこもって、書籍や記事やらを読んで、父のノートの確認をとった。最後にAnneに見せたら、Anneから長い手紙が来た。
「どうぞ。出版してかまいません。ひとつだけ、著者が私の妹だと言うことは言わないで下さい」と。
Anneは妹のすることに反対はしなかった。妹にはそうする権利も理由もある。その上Anneは歴史に弱く理解が及ばないから、自分には書けないのがわかっていた。子供の頃から言われていた。「政治に関わるな。政治が私達を不幸にしている」と。
AnneにはMarieのようにその問題をテーマにして書く能力はない。何も知らないMarieは父のしたこと、家族の状況を知るために資料を調べるが、Anneはその時代を生き、体験し、実はその後の世の中の心情も理解できているのだ。より深く。
、だから出版は容認したけれど、妹の本を見てAnneは恐怖に戦いた。パニックに陥った。自分の正体が暴かれるのではないかと感じた。Anneには思い出がある。心を許して告白した男の子に「僕は祖国を愛している」と言って捨てられた経験だ。それまで隠し遂せると思っていた自分がどんなに馬鹿だったことか。Marieと姉妹であることだけは、絶対に知られてはいけない。Anneは兄Jeanがいなくなったことに涙する権利もなかった。
子供にまで罪を着せるのは正しくない。がしかし、そう思うのが不当だとも思えない。戦争の被害者が苦しみ続ける限り、自分達は罪人であり続ける。Anneは、その思いから抜け出ることが出来ない。


上の写真をよく見よう。二人の表情が二人が過ごした戦後60数年間を物語っているように感じないだろうか。
・・・・・(続く)・・・・・

参照:Telerama : Valerie Lehoux

この記事はCorrespondances(2008年7月29日)からこちらに移転したものです。

Anne Sylvestre & Marie Chaix (1)

Anne et Marie

上の写真はAnne Sylvestre & Marie Chaix の姉妹
Boulevard Saint-Michel, en 1967に於ける珍しい写真。
PLANETE BARBARAでは元Barbaraの秘書にして作家のMarie Chaix(Anne Sylvestreの姉妹)については、かなり古くから紹介してきた。
先週Valerie LehouxがTeleramaにこの姉妹を呼んで長いインタビューを行った。
タイトルは「Marie Chaix et Anne Sylvestre, deux sœurs et un secret d'enfance」と「Entretien croisé : Marie Chaix - Anne Sylvestre」 2日間にわたる番組だと思われる。Valerie Lehouxが二人から話を聞きだす1時間46分37秒もの長い音声を入手した。1時間以上PCの前に座ってじっと聞くのはかなり不健康だ。それでも聞きたい人のために、ここにMP3でファイルを置く。music stickでお楽しみください。
Entretien croisé :
Marie Chaix - Anne Sylvestre 
par Valerie Lehoux 1:46:37
歌手としてのAnne Sylvestreのファンの方には
今までほとんど情報のなかった
Anne Sylvestreに関して多くのことがわかるだろう。

・・・・・・・・・
姉妹の父はプロNaziの
Jacques Doriot の右腕
いわゆるコラボだった。
Marie Chaixは作品の中でそれを明らかにしたが
Anne SylvestreはMarie Chaixの姉であることさえ
秘匿してきた。
「deux sœurs et un secret d'enfance」はそのことを指す。
Jacques Doriotを知らない政治音痴の人は
この辺には口を挿まない方がよいだろう。・・・
Anne  Sylvestreはギターで自作を歌う彼女のスタイルを
 Nicole Louvierから思いついたと言っている。
Barbaraも言っているが自作自演でシャンソンを歌う
女性歌手は当時Nicole Louvier, Anne Sylvestre
そして自作を歌いはじめたBarbaraの3人だけだった。
・・・・・・・・・・・・・・
この夏少し時間があれば、この1時間46分37秒の
インタビューを簡潔に要約して
この記事の追記を書きたいと思っている。
Barbaraの去年の放送で
Valerie Lehouxの声、Marie Chaixの声は
判明できるので、各発言者が誰であるかは
もう誰にでもわかるだろう

この記事はCorrespondances(2008年7月24日)からこちらに移転したものです。

«  | HOME |  »

2017-09

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

Bruxelles

Bruxelles

FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。