PLANETEに戻る

Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

L'Olympia劇場(2) Jean-Michel BORIS

参考資料:rfimusique.com,2004年1月6日(Paris)、Julie Street記者によるJean-Michel BORIS氏へのInterview記事。
・・・・・・・・・・・・・
Bruno Coquatrix氏はJean-Michel BORIS氏を若いうちから、いはばスカウトしてミュージックホールの経営をイロハのイから教え込んだ。BORIS氏は1959年にオランピアのartist directorに就任した。1979年Bruno氏の死によってBORISの従姉妹のPatricia Coquatrixが共同経営者に就任する。

Juli Street::どういういきさつでおじさんと仕事をすることになったのですか?
Jean-Michel BORIS::もともとは医学校に行くつもりだったんですが、休暇中にPauletteおばさんの所に行ったんです。’54年です。一ヶ月そこにいてさんざんBruno伯父さんに口説かれたんです。医者になるよりいいぞって。ついに家に帰ってBruno伯父さんの下で働くことになったって母に告げました。
J.S.::もともと音楽が好きだったんですか?
J.B.::クラシックとジャズが大好きでした。53年にBrassensを知って大ファンになりました。Brassensのコンサートに行きたくなって。そのころ彼がオランピアに出演することになっていて。僕がParisの伯父さんのところで仕事をすることに決めた大きな動機でしたね。大好きなBrassensに近づけると思って、この仕事を引き受けました。
J.S.::Bruno Coquatrixがいなくてもオランピアは今のオランピアであり得たと思いますか?
J.B.::いいえ。オランピアはBruno伯父さんが作りました。あの場にエネルギーを注ぎ、伝説を作り、奇跡を起こしたのは彼です。Bruno CoquatrixとL'Olympiaは一体です。
J.S.::人間としてBrunoはどんな人でしたか?
J.B.::占星術でいうと獅子座なんです。その通り、権力と権威を備えていました。ある意味専制的なところもありましたが、Olympiaのようなホールを運営するには不可欠な要素です。やる気のある人で、朝やってくるとまるでライオンのように充電満タン、やる気満々でした。かれの権威主義的なところを人々は尊敬していました。同時にまた彼のブルーの瞳に魅せられてもいました。氷のように冷たく同時にまたやさしさに溢れている独特の瞳でした。彼はオランピアという仕事場で常にギャンブルをしていたんです。
J.S.::Brunoの下働きから実際自分で契約をとるようになるまでは、どのような経緯があったんですか?
J.B.::Brunoは一から仕事を教え込みました。ゼロから覚えなければなりませんでした。ショービジネスとはなんぞや、その舞台裏。まず電気系統を学び、次に照明、音響、そして経営を学ぶ前にステイジマネジャーを務めました。Brunoが僕がもうブッキングが出来るようになったと判断した時から、Musicorama(フランスのラジオ局Europe1にオランピアからライブショーを届けた番組)のROCKとJAZZのブッキングを任されました。その後に大スターの前座の歌手なんかのブッキングを担当しました。人選は完全に私の意志に任せてくれていました。成功したのも、失敗したのもありましたけどね。
J.S.::オランピアは人気が出る前の可能性のある歌手を見つけ出してきましたね。Jean-Michel、あなたはThe Beatlesになる前のThe Beatlesを出演させました。無名だったJimie Hendrixも発見しましたね。あなたにはスターを見つける才能があるのでしょうか?
J.B.::この仕事は言わば、直感が勝負なんです。音楽性を嗅ぎ付ける力と、人間心理を読み取る力と、両方が必要なんです。新人を見つけるために他のコンサート会場や店にもよく足を運び、常に新しい人材をウォッチしていました。そしてそれをBrunoに告げていました。The Beatlesもそうして見つけましたし多くのシャンソン歌手たち、たとえば、Claude Nougaroもそういう風にして見つけました。でも1979年にBrunoが亡くなった時は、多くの人はこれでオランピアもお終いかと思ったようです。
J.S.::Gilbert Becaudが最もL'Olympiaには関係の深い歌手ですね?
J.B.::この関係はBrunoとGilbertの友情そのものなんです。GilbertはBrunoの親友のJacques Pilsのピアニストだったんです。1954年にBrunoがオランピアをスタートさせた、Gilbertはちょうど歌手のキャリアをスタートさせたばかりでした。翌年55年にもう一度呼び戻した時は、Gilbertは大ブレイクしていました。初日のマチネーの時、3000人の若者が列を成して道路に溢れていました。会場に入ったら、熱気が爆発していました。あのときがオランピアの椅子が壊された最初でしたよ。Gilbertは27回出演しました。まずはBrunoとの友情、それから、Gilbertは真にこの劇場が好きになってもいたんです。彼のオランピアへの思い入れは強くてついに「僕のオランピア」という歌までレコーディングしましたよ。
J.S.::オランピアの座席が剥ぎ取られるというのは、有名な話になりましたね。
J.B.::数でいえば、James Brownの時が一番ひどかったですね。彼は3回続けて公演しましたが、最初から最前席が倒れました。どんどんエスカレートして。次の日はTom Jonesで、僕らは徹夜で修理したり、並べ替えたり。Tom Jonesを聞きにくる人たちがちゃんと座れるように、実は近くの映画館から何列か分の座席を借りてきました。
J.S.::Olympiaに幽霊が出るって?
J.B.::BrunoとGilbertはここにいますね。ほかにはBrel,PiafそしてBrassens,Trenet,Ferre、みんなここ、Olympiaにまだいるんですよ。夜に時々ステイジに上がるんです。みんなが帰った後。電気も消えて安全ランプだけがポツンとついている状態です。その時僕は感じるんです。この劇場は生きている、この劇場は本物の魂を持っていると。


bruno piaf

BrunoとPiaf PiafがOlympiaの経営危機を救った事もあった。
スポンサーサイト

L'Olympia劇場(1)

オランピア劇場は28Boulevard des Capucines,Paris9区にある。客席は2033席。1893年4月12日からスタートした。Joseph OLLERが初代オーナーである。フレンチカンカンの踊り手として名をはせるLa Goulueで幕を開けた。1898年から1911年まではISOLA兄弟が、まだ音楽ホールと言うより曲芸師、アクロバット等のサーカス小屋もどきのものだった。1911年から1914年まではJacques Charlesが、音楽ホールにして運営した。Mistinguette,Yvonne Printemps等が出演した。第一次世界大戦中、劇場は閉鎖されていた。1916年からはRaphael Berattaが、1918年から1928年まではPaul Franckが管理運営した。Fragson,Frehel,Damia,Marie Dubas,Lucienne Boyer等などが出演した。1929年からは映画館となる。第二次世界大戦中はドイツ軍に、そして後にアメリカ軍に接収された。その後は1954年まではやはり映画館として使用された。

Bruno Coquatrixが劇場を買い取るのは1953年である。1954年まではBrunoも映画館として使用していた。考えを改めて音楽ホールにしたのだった。そして1954年2月15日最初に出演させた歌手はGilbert BecaudとLucienne Delyleであった。ここに伝統のオランピア劇場が真にスタートする。Edith Piaf, Jacques Brel等が出演した。Bruno Coquatrixの死後は甥のJean-Michel Borisと、娘のPatricia Coquatrixが共同で支配人となる。1997年4月15日から1997年10月15日まで改装改築のため閉鎖されていた。1997年10月15日の再開もやはりGilbert Becaudが出演した。

2001年8月、昨日書いたようにこの劇場はBruno一族の手を離れることとなる。Vivendi Universalが劇場の設備およびその営業権を買い取った。実際の建物自体はSociete Generale France所有のままである。
Vivendi UniversalのL'Olympia買収に一役買ったのはUniversal Musicのトップ、Pascal Negreである。しかしVivendi UniversalのトップであるJean-Marie MessierはL'Olympiaは自社関連の会社のスターたちだけのためにあるのではなく、すべてのレコード会社の歌手のためにあると、発表の記者会見で明言した。(つづく)

Gottingen


Gottingen 投稿者: Bruxelles 2005/07/05 17:33:05

長年ドイツ語を勉強している大昔の元生徒のキミが以前「Gottingen」の都市観光案内を送ってくれた。パラパラとみて、ああ、何もBarbaraの記事は無い、とそのままにしていた。
今日それをふと見ると、表紙裏つまりトップのトップに赤字で書いてあるではないか。
Mais Dieu que les roses sont belles a Gottingen a Gottingen..(ゲッチンゲンのバラはなんと美しいと、フランス人の歌手Barbaraは歌い、この大学都市の魅力を讃えた、と)
大昔は中世商業都市だったようだ。現在はすでに40人以上のノーベル賞受賞者を生み出している大学都市で、1933年までは特に数学で有名だった。David HilbertとHerman Minkowskiが、Einsteinが「Theory of Relatibity」に着想するための礎となる、数学的理論を構築したのもここGottingenの大学においてだったとある。
ついでの時に皆様も一度Gottingenの観光資料を手にとって、確かめて見られては?この都市の雰囲気を。あの歌を。

リクエスト


リクエスト by Bruxelles 投稿者: Bruxelles 2005/02/02 18:19:41

「Festen」という1998年のデンマーク映画を見た方がいらっしゃれば、ご連絡お願いします。感想や内容の詳細をお聞きしたいのです。要約程度の内容は把握済みです。監督はThomas Vinterberg,英語のタイトルは「Celebration」、カンヌ映画祭で批評家賞を取っています。映画ファンの方もしいらっしゃれば、どうぞよろしく。

Coline

Coline 投稿者: Bruxelles 2005/01/30 17:52:36

や様  Colineの作品タイトルわかりました。
Le Klavierstuck D.946、シューベルト、ピアノ曲946番 のもようです。

Le Figaro-Entreprisesの発表


Le Figaro-Entreprisesの発表 投稿者: Bruxelles 2005/01/26 21:35:25

昨年度に続き今度は2004年の年間の所得番付が明らかになった。レコード会社からの収入、著作権収入、ツアーなどの出演料の合計から算出したものである。
NO.1-Michel Sardou, NO.2-Francis Cabrel, No.3-Charles Aznavour No.4-Corneille NO.5-Pascal Obispo NO.6-Calogero NO.7 Renaud NO.8-"M" NO.9-Yannick Noah NO.10-Lorie
昨年の1位Johnny が消えてSardouの突然の1位。これはアルバム”Du plaisir"の成功と「黒いワシ」を歌ったオランピアの公演の成功、そして17万人を集客したツアー。Cabrelは”Les beaux degats"と52のコンサートツアー。前回のNolwenn LeroyとCALOGEROを紹介したように近々Corneilleを簡単に紹介してみたい。

昨日の100ランキングでも感じたのだけれど、この10ランキングでも男性歌手が圧倒的に多い。10位のLorie一人が女性。

http://www.lorieonline.net/2004/disco2.htm
ここで歌が聞けます。ラテンバージョンは踊れる。

ついでにCorneilleのサイトも紹介しちゃいましょう。
http://www.corneilleonline.com/?page=news
テレビ画面のボタンを押せば、DIVEO CLIPがいやほどフルで楽しめる。こんなに見ていいのかしら。
(newsをクリック、少し下げてComme un filsのVideoをクリック、するとTV画面が出る。その前に左上のボタンを押して、画面が出たらまず、うるさいイントロの音を消す。後は先に書いたとおり)


--------------------------------------------------------------------------------

投稿者: や 2005/01/28 12:58:16

三位のアズナヴールの80歳記念コンサートは昨年でしたっけ?



--------------------------------------------------------------------------------

投稿者: Bruxelles 2005/01/28 18:47:35

そう、80歳、パレ・デ・コングレでのコンサート。それと”Je voyage"というアルバムと”Arc de Triomphe"という高価な集大成、さらに”Bon anniversaire Charles"というDVD。これで3位。
Corneilleは70万人を集客したツアー収入は算入されていないので、実質はもっと上位をいっている筈。
Aznavour、歳をとるほど顔がよくなってますね。がんばっている。ご立派。

そのAznavourもCorneilleも参加しているアジアのTSUNAMI被害者の救済のためのレコードが1月31日に発売される。「Et puis la terre」というPatrick Bruelのシャンソンを60人の歌手が参加して歌う。その組織の名前はA.S.I.E.(Artistes Solodaires Ici pour Eux)。他の参加者の名前も少し列挙すると、Johnny Hallyday,Julien Clerc,Etienne Daho,Lara Fabian,Jenifer,Patricia Kaas,Renaud,Michel Sardou,Veronique Sanson,Zazieなど。(Sony-BMG発表による)

イギリスからもCliff RichardやBoy Georgeが中心になって「Grief Never Grows Old」(DJ Mike Read作詞作曲)がTSUNAMI被害者救済のために発売される。他の参加者を少し列挙すると、Ronan Keating,the Bee GeesのRobinとBarry Gibb,Jamie Cullum,Chris Rea,Olivia Newton-Johnなど。(The BBC発表)。
もっと他にも歌手たちの動きはあると思うが、取り合えず、わかった歌手たちのTSUNAMI救済関連のニュースをついでに書いてみました。

Les mots bleus


Les mots bleus 投稿者: Bruxelles 2005/01/22 17:40:56

「そのほかの日々」去年の7月6日、に選んだのは「Les mots bleus」Alain Bashung。他の誰かの声でよく聞いた。なかなか味のあるいい曲だと思う、と書いている。これは1973年のChristopheのヒット曲と判明。Christopheの声で聞いたのだろう。
今日ふとしたきっかけでこの曲の作曲者がわかった。作曲者はかの、Jean-Michel JARRE。道理で、さすがに。
ついでにCharlotteと結婚当初のおそらく1978年あたりのJean-Michelの写真も見た。なんという美男だろう。デイブ、リンゴ、フレデリック・フランソワあたりが美男と思っていたけれど、Jean-Michelが間違いなく美形の横綱だ、と思う。

古い資料なのですが、人気者たちは誰?


古い資料なのですが、人気者たちは誰? 投稿者: Bruxelles 2005/01/09 18:36:49

去年の1月19日の記事で申し訳ないのですが、Le Figaro Entreprisesが発表した2003年の歌手の所得番付。誰が人気者か、ある程度知る手掛かりになるので書き出してみました。
No.1--Jonny Hallyday No.2--Jean-Jacques Goldman No.3--Renaud No.4-- Florent Pagny No.5--Pascal Obispo No.6--Carla Bruni No.7--Nolwenn Leroy No.8--Laurent Voulzy No.9--Calogero No.10--Yannick Noah
金額も書いてあるのですが、順位がわかれば、金額はさしたる意味はないので省略しました。No.10は元テニスプレイヤー。NO.7とNo.9に関しては今から調べるところです。ということはもうすぐまた去年の番付か出るということ?でしょうか。

Coline リクエスト


Coline リクエスト 投稿者: Bruxelles 2004/12/22 21:09:37

リクエスト1
ジャック・アタリの「反グローバリズムー新しいユートピアとしての博愛」をお読みになった方、ご自分のお言葉でご感想をお教えいただければ、有難いのですが。
出版社ー彩流社ー2001年12月20日発売

リクエスト2
同じ著者で「まぼろしのインターネット」。簡潔に感想を聞かせていただければ有難いのですが。
丸山学芸図書ー1998年11月 ネット上の感想はすでに見てますので、独自のものをお願いします。

ジャック・アタリの簡単な紹介のコピー
アタリ,ジャック[アタリ,ジャック][Attali,Jacques]
1943年11月1日、アルジェーに生まれる。パリ政治学院卒業後、ポリテクニック(理工科大学校)、エコール・デ・ミーヌ(国立鉱山高等大学院)、ENA(国立行政大学校)のコンクール(全国選抜試験)にすべて合格、経済学国家博士の称号を持つ。1971年の社会党入党以来、故フランソワ・ミッテラン大統領の側近。パリ第9大学教授、理工科大学教授から、81~91年には大統領補佐官も務めた。EBRD(欧州復興銀行)の初代総裁。当代フランスを代表する論客として、著作物の執筆、政治的活動に余念がない。英国ケント大学、イスラエル・ハイファ大学より名誉博士号を授与される

なんだか大変なひと。恐るべし。JAVA言語の創造にもかかわった人らしい。何故この人を調べているかというと、「COLINE」の作詞者だから。作曲はシューベルト(Schubert)。歌うはバルバラ。で

リクエスト3
「COLINE」この歌の感想どなたか聞かせて。手持ちの情報としてはシューベルト作曲だけ。シューベルトとジャック・アタリとバルバラとで合わさってどうなっているのかとても知りたい。

Michel Colombier


Michel Colombier 投稿者: Bruxelles 2004/12/02 17:29:22

Michel Colombierのサイトのご案内をいたします。
http://www.michelcolombier.com/home.htm
このサイトのゲストブックの11月18日の欄にはバルバラファンと思われるChristian Le Gall氏が英仏両語で次のような書き込みをしている。
「優れたフランスの歌手で作詞作曲家のBarbaraとMichelとの共同の仕事に関してサイトで何も書かれていないのは、恥ずべきことだ」と。黙っていないところがバルバラファンらしい??その上にはprinceのサイトから、お悔やみのカキコがきている。ふーむ。気持ち解らないでもないけどね。

«  | HOME |  »

2017-08

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

Bruxelles

Bruxelles

FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。